關於部落格
情是花的香,爱是树的汁。
当全情成爱,佛便诞生在那里;
当全爱成情,菩萨就玉立在此处
  • 23507

    累積人氣

  • 4

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

神橋,本宮神社


橋的另一頭就是本宮神社, 本宮権現唐門・透塀・本殿

奈良時代末期, 勝道上人從二荒山得到靈感,在大谷川北岸建造四本龍寺, 790(延曆9)年, 建造本宮神社
該神社創建於神護景雲元年(西元767年),由日光山的開山始祖勝道上人創建了本宮神社,就是現在二荒山神社的前身,尊崇日本神道的善信會奉這裡為本宮,[二荒山神社]那邊為新宮。

弘仁11年(820):空海が滝尾権現を創建。

嘉承3年(850):二荒山新宮が成立。これにより本宮権現・新宮権現・滝尾権現が分祀され、日光三社権現と総称される。
新宮権現は男体山・本地千手観音、滝尾権現は女峰山・本地阿弥陀如来、本宮権現は太郎山・本地馬頭観音とされる。
 ・・・(三仏堂には本地三仏を祀る。)


除了新宮,[二荒山神社]還有奧宮,它建在男體山頂處,一般人不易到達,而且每年秋10月25日就封山,等待下一年5月25日才開放登山


 
[二荒山神社]的本宮與奧宮之間  即登山口一帶的地段則被定名為中宮祠


本宮神社的後方是四本龍寺三重塔,三重塔は大同年(807)年創建といい、正保2年(1645)に三仏堂前から現地に移り、天和4年(1684)に焼失。
嘉祥元年(848):慈覚大師円仁が日枝神を祀り、本地神宮寺(三仏堂)、法華堂、常行堂を創建。

貞享3年(1686)頃現在の塔が再興される。
平成15年8月から解体修理中、平成18年9月完了予定。

日光山本宮権現
重文、本殿・貞享2年(1685)、唐門及び透塀・貞享2年、拝殿・貞享2年)
在四本龍寺三重塔附近是 四本龍寺觀音堂  。
 
當年日本人遙看關東北緣高聳的男體山(古名為二荒山)、女峰山與太郎山,越看越產生尊敬之心,相信三座高山都住著神明,於是很自然地便產生了信仰從此對三個山神膜拜,三尊山神分別為男體山的「千手觀音」、女峰山的「阿彌陀如來」、太郎山的「馬頭觀音」。
 
 
華嚴瀑布的上游是中禪寺湖

 
下面是中禪寺境內拍的照片
 
相簿設定
標籤設定
相簿狀態